毎日健康にすごしまSHOW~睡眠障害をやっつけろ~

サラリーマン

不眠症が代表的です

男性

不眠症は注意が必要です

睡眠において何らかの障害があり、日常生活にも影響してくるものが睡眠障害です。睡眠障害にも様々な種類がありますが、一般的に多いのは不眠症です。ここで気をつけなければならないのは、不眠もよくあることだからと放置してはいけないということです。代表的な不眠症の症状には入眠障害や中途覚醒、早期覚醒、熟眠感欠如があります。これらの症状がたまにあるという程度なら問題はありませんが、頻繁に起こるとなると注意が必要です。目安としては週に2〜3回程度で1ヶ月以上続くようであれば、専門医を受診したほうがよいです。不眠症になると日中の集中力が散漫になり、倦怠感も出てくるようになります。また自律神経が乱れるため、イライラしたり精神的な不安定も現れてきます。

工夫で改善出来ます

睡眠障害である不眠症は、ある程度は睡眠薬を処方してもらうことで、治療が可能となっています。内科や心療内科、精神科などでの受診で、適切な治療が進められていきます。また不眠症の原因を見極め、その原因を解消することによって症状が改善するものです。また薬を頼ることなく、自分が工夫することで不眠症を改善、防止できる方法もあることを知るのも大切です。例えば、乳製品や豆類を積極的に摂取するということです。これらにはトリプトファンという成分が含まれていて、不足すると不眠になりやすいとされています。そのほかグリシンが含まれている魚類を摂取すると、質のよい睡眠が得られるといわれています。またラベンダーやカモミールなどリラックス効果のあるお茶を飲むことも、睡眠障害には良いとされています。

専門家に心の悩みを相談

男女

横浜は観光地で有名ですが、人々のメンタル面についても医療機関が充実していることで心療内科が多数存在します。 今、職場や家庭でもストレスを受けやすい状況にある人が多いですが、何かあれば早めに心療内科を受診しましょう。

心の悩みを相談するなら

男性

精神的なストレスなどは心身に不調をもらたらすことがありますが、そうした場合も適切な治療で改善が期待できます。埼玉では医薬品による治療のほかにもカウンセラーに悩みを打ち明ける心理カウンセリングも注目されています。

新しい検査方法と簡易検査

医師

うつ病とは心の病で、似た症状のある病気に双極性障害があります。これらは、以前は医師でも判別が難しかったのですが、光トポグラフィー検査によるチェックが用いられるようになり、判別が可能となりました。最近ではインターネット上でも簡単なチェックは行えるので、気になる方は簡易チェックから始めてみましょう。